スタッフブログ

FC東京パーク府中で働くスタッフのブログです!

インプットとアウトプット
2016年09月15日

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。

実は子どもの頃から読書が好きな榎本です。


さて、こちらのブログですが

いつもイベントのことや試合のことばかりじゃつまらないので

(もちろん、そのこともたくさん載せますが。)

たまには違うことを書きたいと思います。


「読書」というキーワードが出てきたので、それに付随して

インプットとアウトプットについて。


簡単に言うとインプットは入力、アウトプットは出力です。

インプットには、新聞やテレビ、インターネットなどから配信される情報を見聞きしたり、

読書をしたり、友達・家族から話を聞くといったこと。

アウトプットとは、絵を描いたり・モノを作ったり・話をしたり・文章を書くといったことがあてはまります。


仕事でも、日常生活でも、インプットとアウトプットは大切なことだと思っています。

私もインプットとアウトプット両方がしっかりできる人になっていきたいなーと思います。


ここで、インプットとアウトプットについて調べていると

面白い診断があったのでやってみてください。


さぁまずは皆様、手を組んでみてください。

左右どちらの親指が下になっていますか?

20160915160622.JPG20160915160639.JPG

手の組み方ではインプットが右脳型か左脳型かわかるそうです。

右手が下ならば右脳型、左手が下ならば左脳型です。

私は右手が下の右脳型でした。


次に腕を組んでみてください。

20160915160701.JPG20160915160719.JPG

腕の組み方ではアウトプットが右脳型か左脳型かわかるそうです。

右手が下ならば右脳型、左手が下ならば左脳型です。

私は左腕が下なので左脳型。


ここで4つに分類されます。


〇が手の組み方、△が腕の組み方。

右脳型が「う」、左脳型が「さ」となり、

〇△脳となります。


私は手の組み方が右脳型、腕の組み方が左脳型だったので

うさ脳となります。


①うう脳...直感的にとらえ、感覚的に処理

楽天的でマイペース。直感とひらめき重視な感覚人間タイプ


②うさ脳...直感的にとらえ、論理的に処理

完璧主義。自分で決めたい個性派タイプ


③さう脳...論理的にとらえ、感覚的に処理

理想と現実のギャップに苦しむ自己矛盾型。転じて細かいことは気にしないタイプ


④ささ脳...論理的にとらえ、論理的に処理

物事を筋立ててマジメに考えるタイプ。几帳面で努力家。


私が見たサイトでは男女別の詳細な言葉も載っていました。

長くなってしまうので1つだけ載せます。

もちろん私のタイプ。(←自分勝手(笑))


【うさ脳男】

直感力に優れ、自分の確固たる信条があるため、周囲に流されることはない。

その反面、融通が利かずに損をすることも多い。

冷静に見えるが実は義理人情に厚く、心を許した相手の面倒見は良い。


当たっているのか当たっていないのかはわかりませんが、

こういうことらしいです(笑)

ちょっとしたときにこういう診断みたいなものをやってみると面白いかも。

興味のある方はぜひ調べてみてください!


【FC東京パーク府中ホームページ】


【公式twitterアカウント】

FC東京パーク府中 @fctparkfuchu (URL : https://twitter.com/fctparkfuchu






ページアップ